blank
blank
blank


blank blank

最強のスピーカー
blank

- 最強のスピーカー EV エレクトロボイス TX1152 -
 
EV エレクトロボイス TOUR X(TX1152)2個セット

EV エレクトロボイス TOUR X(TX1152)2個セット  

現代最強のスピーカーEV(エレクトロボイス) TOUR X(TX1152)エレクトロボイスの新製品!

■クロスオーバーを使われるかたは、こちらをお選びください。クロスオーバー時には、オプションのファストン端子がドライバー側に必要になりますので、必ずオプションでファストン端子を選んでおいてください。

大阪店内の試聴室には、TOUR X(TX1152)が設置してありますので、音を聞いていただけます。
   ↑クリックしてください


EV国内直営店もので、驚異の5年保証の保証書付きです!(クロスオーバー仕様にネットワークを外して改造したりした場合には保証対象外になりますので、ご注意ください)

1個 66,600円で、2個セット(ステレオ)で、133,200円です。最高の性能をお安く入手してください!

全てのTOUR-X(TX1152)は、スウィープ信号を通してスピーカーが正常動作することが、国内のEV直営店によって検査済みのうえ出荷されます。さらには、傷、ガタ等のチェックまで全てされています。これが並行輸入品ですとそのまま送られてきますので要注意です。

これぞ最強! 能率100dB!!
プロ用38cmウーファーとコンプレッションドライバーの伝統的な2wayスピーカー!


メーカー希望小売り価格、2個、210,000円(税込)のところ...

Price :
¥133,200


・四芯用スピコン端子2個セット:不要(+0円) | 必要(+900円)
・ドライバー用ファストン端子4個セット:不要(+0円) | 必要(+280円)



注:)四芯用スピコン2個とファストン端子4個で、スピーカー2個分となります。

元払い送付でご入金されるかたは、常時購入可能です。代引きのかたの場合、エレクトロボイスからの直送になりますので無理があります。スピコン、又は他の商品を同時購入のかたは代引きで送れますので、よろしくお願い致します。


★ビッグニュース その1
○○○○○i9というスピーカー、及び、そのまがいものの音響理論めいた記述が皆さんを惑わしていたことは、以前から分かっていました。たかだか10センチにも満たないフルレンジスピーカーと、38センチウーファー+ホーンドライバーの、コンサートなどでも使われる本格的な製品を比較する事自体がナンセンスな事ですが、この○○○○○i9というスピーカーの、催眠術的な側面は、多くの皆さんを惑わしてきたと思います。それは、確かに音響のある種のものを使っています。が、そんなことは、とうの昔に証明済みの事ばかりなのです。それを斬新な事のように宣伝するのは、全くの違法でしょう。これには厳重に注意されて下さい。今回、11番さんのコメントで、その正体が暴露されました。詳しくは、11番さんのコメントをご参考下さい。

★ビッグニュース その2
○312Eはゴミだったのか!?
12番さんのコメントがそれを明らかにする!


★ビッグニュース その3

PA用スピーカーがオーディオ用として劣るだの、高域が鳴らないだのというネット上の書き込みが、真っ赤なデタラメだった事が暴露されました! 詳しくは、14番さんのコメントをご覧下さい。



■さらなる最強の音を得るために・・・

こちらのEV(エレクトロボイス)のTOUR X(TX1152)の場合に音響スタンドで「結界」を張る時の足の位置と高さは、大阪店に置いてある位置から割り出した図を下のほうに掲載しておきますので、音響までこだわられるかたは、ぜひともご参考ください。約90センチ×90センチの板の上での設置の場合の図になります。

さらなる注意点としましては、オリジナルはホーンドライバーが縦向きになっております。これは一般的なオーディオに使う場合には、横向きのほうが良好な結果になりますので、横向きに変更してください。この写真も掲載しておきます。なお、この変更だけは保証の対象になると、エレクトロボイスさんから聞いております。

家庭で使える現代最強の38センチウーファースピーカーと思われる、EV(エレクトロボイス)の新製品、TOUR X(TX1152)です。

JBL JRX115も良いスピーカーですが、このTOUR X(TX1152)もまた、それを越えている事が、音を聞いてはっきりしました。特にクロスオーバー化をされるかたは、同じエレクトロボイスでも、FORCE i ではなく、こちらのTOUR X(TX1152)を選んでいただいたほうが良好な結果が得られます。

スピコンの使い方につきましては、

このページの最後に、詳しく写真入りでご紹介しておりますので最後をご覧になってください。

tx1152



■EV(エレクトロボイス)TOUR X(TX1152)の仕様

形式:2ウェイ フルレンジシステム
保護回路:高域
周波数特性:55-20kHz(-3dB)
出力音圧レベル:100dB (1m/1W)
最大音圧レベル:133dB
許容入力:500W(連続) 2000W(ピーク)
指向性:水平 60°×垂直 40°※ホーンローテション可能
低域:15インチ(38cm)ウーファー SMX2151
高域:1.25インチ(32mm)ダイヤフラムドライバー DH3
クロスオーバー周波数:1.65kHz
インピーダンス:8Ω
入力コネクタ:Neutrik Speakon NL4×2パラレル
キャビネット/仕上げ:人工合板/EVCoat(TM)
吊りポイント:両側面各2箇所、背面2箇所
適合スタンド:TSP-1、TSS-1
寸法 H×W×D:776mm×446mm×446mm
本体重量:27.8kg

 

なお、クロスオーバーではなく、普通にEV TOUR X(TX1152)を使うには、スピコンがどうしても必要になります。

スピコンは、NL4FXという四芯用の使いやすいものをすでに持っています。一個450円でお出し出来ますので、

ご入用のかたはオプションで選択しておいてください。4芯用のNL4FXが、スピーカーケーブルの取り外しも楽ですので、お勧めです。

別のところでスピコン購入は送料など負担も大きいと思います。

スピコンやファストン端子を同時購入のかたの場合に限り、代引きも可能ですので、よろしくお願い致します。

■TOUR X(TX1152)のホーンドライバーが横向きの写真が下記になります。一般オーディオルームでは横向きにしてください。

EV TOUR X

EV TOUR X

注:)背面の二つのスピコン端子につきまして

EV(エレクトロボイス)TOUR X(TX1152)の背面には、二つスピコン端子が付いています。この目的は、音量が足りない時に、並列にもう一つのTOUR X(TX1152)を接続して、アンプの左チャンネルだけで二つのTOUR X(TX1152)を使うためのものであって、プロの現場でだけ必要なものです。一般利用の場合には、特に必要はありませんので、一つだけ使ってください。なお、二つ端子があるからと、二つのパワーアンプを接続しますと、パワーアンプが壊れてしまいます。非常に危険ですので、それは止めてください。




■注2:)TOUR X(TX1152)で当店の結界スタンドを利用して(又は積み木で)結界を張る時のスピーカースタンドの位置と高さは下記の図を参考にしてください。

下記写真は、右側のスピーカー用の、TOUR X(TX1152)用のスタンドの置き方になります。厳密には、ちょうど90センチ×90センチの板は売っておりません。この板は、915ミリ×920ミリの板になります。上側と右側が壁面になります。

注:)スタンドの高さは、この場合コンクリートからの高さになっております。なお、天井までの高さは2m47cmの場合です。

EV TOUR X

■音響の最終回答・結界スタンドを利用されるかたへ(設置方法につきまして)

EVのスピーカーの足は狭くなりがちですので、一番奥のスタンドは、本体の角にあてがってください。
非常に安定します。写真を掲載しておきますので、よろしくお願い致します。

EV TOUR X(ツァーX)

■TOUR X(TX1152)にて音響スタンドを利用した場合のイメージ図を掲載しておきます。

EV(エレクトロボイス)ツァーX(TOUR X)




--------------------------------------------------------
これより先は、「お客様の声」とします。
--------------------------------------------------------


1番さんのコメント:)TOUR X(TX1152)は素晴らしい音であった!

procableさま
現在の報告です。

お世話になっております。引っ越してから二カ月弱となりました。
ようやく落ち着いてまいりました。
リビングに装置を設置してからは一月少々です。

現在は1500wダウンアイソレーショントランス、アレン、D45、重鉄タップ、TOURx(TX1152) 
結界スタンド
ソルボセイン、銅単線0.9mm37メートル、macはまだ封印しており、普通のcdプレー
ヤー、です。
素晴らしい音です。

音は硬めですが質がいいためか聴ける音です。今はアレンのイコライザーを強めに使って
バランスを取っております。
アレンの各ボリュームは全開状態でD45で調節しています。
しかしながらさら高みを目指してクロスオーヴァー導入予定です。楽しみです。どうぞよ
ろしくお願いします。
アレンにシアターケーブルにした時には、フェーダー、ヴォリューム全開での硬さがとれ
まして驚きました。
TOURx(TX1152)の下には21ミリのべニアを敷いておりましたが、「コンクリートが最高」のアッ
プがされる前日に黒御影石900x900を
敷いてしまいました。70キロありますのでこれを生かしたいと思いますが、この上にコ
ンクリートを乗せるのがよりのか、薄いものでもよいのか・・・・
と考えあぐねております。ご教示ください。大阪の店を拝見したいなあと思っています。

プロケーブル注:)このかたには、床の耐荷重が耐えれるのであれば、御影石の上にコン
クリートを敷けばよろしいでしょうと返答しています。床が耐えられないのであれば、
御影石を取り除いてコンクリートに変更するのがベストですと返答しております。なお、
コンクリートの場合には、結局下にタオル等も引かなくともいけるであろうとも、TOUR X
(TX1152)の場合はいけるであろうと、返答しております。

--------------------------------------------------------

2番さんのコメント: EV TOUR X(TX1152)をクロスオーバー化した音は最高であった!

「クロスオーバー化の説明書」を参考にやってみました。
配線がきちんと繋がっているかチェックするためケーブル線だけ仮
つなぎして音だしすると!なんとその時点での音でForce-iと
は全くレベルの違う音がするではありませんか!

更に両方の作業を終え、音響スタンドで結界を張り、出てきた音は
全くレベルの違う素晴らしい音です。

当初はForce-iで凌げないかと考えていましたが・、TourX(TX1152)
の換えて大正解です!この音はクロスオーバーをいくら弄っても出
てくる気配すらありませんでした。
なんと言うか、高域と低域のつながりが自然で違和感が全くなくまた
Force-iとはそれぞれのユニットもエントリーモデルではなく、かな
りレベルの高いものであり情報量も大変のものになってますね。
しかしForce-iがおとっている訳ではなく、この価格と重量で
考えれば十分納得のいくお買い得なものである事は間違いありません。
良い商品をご紹介いただきありがとうございました。

追記:「説明書」ありがとうございます、おかげさまでスムーズに
クロスオーバー化できました。Force-iはウーファー側を外し
てそこから作業しましたがTourxは逆にドライバー側を外す事
を前提に作られていますね!(よく考えるとドライバーの縦、横の
変更の可能性を考えればばるほど合理的です)でも予めこれは知っ
ておかないとウーファーを外そうとするところでした。
このクラスのユニットになるとウーファー端子も直接繋げるコスト
の掛かったものになっているしまた作りも頑丈になっていてキチン
と仕事しているなぁ!と感心します。外見ばかりにコストをかけて
いる?(ふりだけ?)のハイエンドオーディオは見習ってほしいも
のです)

プロケーブル注:)TOUR X(TX1152)は特にクロスオーバー化する
のに向いている事から、クロスオーバー化の手順を購入されたかたに
メールではありますが、お送りしております。

なお、誤解を招くといけない事は、ケーブル長だけで調整するのであ
れば、FORCE i も、ほぼではありますが(若干はサイズに余裕のあ
るTOUR X(TX1152)のほうが良い可能性もありますが)、同レベル
と考えたほうが良いだろうと思います。

--------------------------------------------------------

3番さんのコメント: オーディオゾンビだった(過去形)かたから驚異のコメントが入りました!!

Subject: プロケーブル様 、はじめまして。

 突然のメール失礼致します。
私、山形県在住の ○○と申します。HPいつも楽しく拝見させて頂いております。

私はオーディオ地獄に片足を突っ込んだような状態でおり、自分としてはかなり投資したシステムに全く満足出来ずに、半ば諦めながらこれ以はお金をかけられない、でもいつかは○○○を購入して良い音を出そう、と考えておりました。
というのも、「○○○」さんというオーディオ屋さんに勧められて購入したエレクトロヴォイスの「○○○○○○○○○○-○○○(おそらく民生用)」という7インチ程のウーファーとツィーターのツーウェイバスレフ型SPが、モコモコして、息が詰まりそうな音しか鳴らず、我慢しながら使用し続け、暫くして「○○○○○○○○○○○」さんに勧められた○○の教授が手作りしている「○○○○○○○○ ○○○○○○ ○○○○○ ○○○○○○○」というトールボーイ型で5〜6インチ位のウーファーに金属製のツィーターが八つ縦に付いているというSP(今考えれば物凄く怪しいですね。しかも高い!)を購入しました。EVとは違う傾向の音(プロケーブル様からはただの癖のある音 、ボロい音と言われそうですが)で、お店では良い音に聴こえたものですから、自分の家、システムでは多少不満が残ったものの、自分にはこれでいいのだと言い聞かせながら何年かそのシステムを使用しておりました(CDPは○○○○○・アンプは○○○○)。現在EVは、売るのももったいないと思い、新たにセンター、サブウーファー 、SR用に民生用○○○のSP、また○○○○○のAVアンプを購入しホームシアター用として、これもまた不満を持ちながら使用しおります。
ところが、友人の家で○○○、○○○○○805の音を聴かせてもらう機会があり、聴き慣れたCDを鳴らしてもらうと、それは私のシステムよりも断然、圧倒的によい音を鳴らしたのです!しかもその友人のシステムは、○○教授のSPよりも安い○○○、アンプは○○○○、CDPは○○○○○で共に私が使用している機種よりも、 グレードがツーランクも下位の機種でした!さすがにガッックリしました。良いと勧められ、その時は良いと思い購入したSPが全くダメな、ボロいSPだったのだと(私のアンプ・CDPは友人のものよりツーランク上位の機種でしたのでその時はSPだけが大問題なのだと思い込んでいました)。それからは、やはり有名な品物を買わなければダメなんだという気持ちと、SPを何とかしたいという思い、特に○○○に対する憧れが強くなり、いつかは、と思いながら生活をしていました。
それから職も変わり、結婚もした為、自由にお金が使えなくなったこともあり、購入する予定もなかったのですが、何か良いスピーカーはないものかとネットを見ておりましたら、御社のHPに辿り着きました。
最初は、「鬼門」の二文字から怪しげな宗教のページかと半信半疑で読んでおりましたが、すぐさまその内容に引き込まれ、驚嘆し、自分が業界に躍らせれている全く無知なオーディオゾンビなのだと気付かされました。「鬼門」とはオーディオ業界の裏側(真実)、洗脳、デタラメに対する比喩だったのですね。
今では時間があれば、御社のHPを拝見しては日々勉強させて頂いております。
現在は、○○教授のSPと○○○○のアンプは実家に置いてあり、全く使っていないので、そのアンプと○○○○○のラインケーブル、○○○○○のSPケーブル、ついでに現システム(ホームシアター)として使用中の○○○のラインケーブル、○○○○社のSPケーブルを思い切って売りに出しました。ケーブル、電源類には 、御社の商品よりは多少高価ですが、まださほど、投資していなかったことが不幸中の幸いと思えます。
○○教授のSPは放置したままですが、現システムの○○○○○のAVアンプと民生用EV、同じく民生用JBLを、だいぶ前に近所の電気屋さんで購入して家に置いてあった、なんでもないラインケーブルと、赤黒の被覆で芯線がメッキされていない銅線のSPケーブル(50円/m)で繋ぎ直しました。するとモヤモヤしていた音が少しス ッキリし、細かい音が以前よりも聴きやすくなり、音に広がりを感じるようになりました。焦点合わせなどは、全く行っていないのですが明らかに良い方向に音が変わりました。何ということでしょう、プロケーブル様の仰ることは全く正しいのだ、と確信致しました。
また暫くして、「音響の最終回答」の理論の一部をほんの少しだけ試してみようと思い立ち、EVの左右の角度を調整して、SPの横の面の延長線を部屋の角に合わせるようにセッティングし、「低音が床に喰われている」という御社HPの記述から、百円ショップで耐震マットを購入してきてSPの下に敷いてみました。
そうして鳴らしてみると同じEVとは思えないほど素晴らしい音が出てくるではありませんか!音が張り付いたかのように鳴っていたSPから、音が見事に離れるようになり、ヴォーカルが生き生きとし、各楽器が解放され、定位もハッキリして今まで聴こえていなかった細かい音までが存在感をもって聴こえてくるようになり ました。激変です!嬉しくなって、色々なCDをとっかえひっかえ聴いてしまいました。またしてもプロケーブル様の正しさを思い知りました。プロケーブル様のSPスタンドを使用してセッティングしきったら、もっともっと凄い音になるのでしょうね。想像がつきません。
今の状態で、以前友人の家で聴いた○○○と同等くらいの鳴り方です。私が今までいかにヒドイ音を聴いていたのか、身に染みて感じました。SPや機材の性能云々のレベルの問題ではなかったのですね。ある程度の民生用のオーディオは、高価、安価にかかわらず、妙なケーブル類を使わず、しっかりセッティングするだ けで、これ以上の音は無理なのかもしれませんが、今の私の状態(○○○)あたりまでは鳴らせるということなのでしょうね(非常に低いレベルの話かもしれませんが)。プロケーブル様の推奨されている機材、機器を導入していけば、私のEVは、民生用の壁はあるにせよ、友人の○○○を軽く超えていくことと想像しております 。楽しみでなりません。また、試すのはだいぶ先になってしまうと思いますが、○○教授のSPもどのように鳴ってくれるのか今から楽しみです。
今にして思えば、私の人生の中のどこかで○○○を購入してしまっていたら、セッティング次第でどんなシステムにも鳴らすことのできる音、業界の裏側に侵されている音に満足してしまい(満足出来れば、それはそれで良いのかも知れませんが)、本当の事、民生用では鳴らせないプロの音、というものを知る機会を得 ることが、永遠になかったかもしれません。ですから私は、首を傾げながらしか聴くことのできなかった民生用のEVにも○○教授のSPにも感謝しています。それらがなければ、御社のHPに辿り着くことはなかったのですから。
前述致しましたように、生活環境が変わってしまった為、また妻との共通の趣味を優先しなくてはいけないこともあり、簡単に資金を準備する事は出来ませんが、少しずつ御社の商品を、必ず購入したいと考えております。プロケーブル様推薦の品物で今のSP達を使い切って、そしていつかはプロ用のEVを、と夢を持っております。

お忙しい中、長文失礼致しました。
あまりの音の激変に、その真実に感動致しまして、メールをさせて頂きました。
まだ顧客にもなっておりませんが、私のような迷える子羊、オーディオゾンビを救って下さるHPを立ち上げて下さって、有り難うございました。プロケーブル様には本当に感謝しております。

御社の益々のご発展を心より願っております。


○○

--------------------------------------------------------

4番さんのコメント: オーディオゾンビにでも分かったTOUR X(TX1152)とD45の凄さ!

Subject: 耳(頭)のエージング

こんばんは、○○です。

今日は初心者が陥りやすい点が具体的に体感できました。客観的に見れたので面白かったです。

今日友人を家に招き食事をした後、SACDが聞きたいと言うのでついでにBSデジタルのAACとAirMacも聞いてもらいました。
この人は、音響機器の違いが若干分かるらしいのでどうなるか楽しみでした。

セリーヌ・ディオンのライブ(AAC)とCD(AirMac)の違いは相当な物と感じたらしく全然別物と感じたらしいです。実際、拍手なんか全然違います。
一方、浜崎あゆみのCAROLはSACD(DVDP)とCD(AirMac)ではSACD(DVDP)が上と判断していました。
自分も久しぶりにSACDを聞いたのですが、CD(AirMac)の方が上と判断しました。

この違いはやはり「日ごろどんな音で音楽に触れているか?」ということが影響してると思われます。変な音で音楽を聴いていると耳がそれに慣れてしまいます。
また、音の濃さではなく「どれだけ音が沢山聞こえるか?」ということを狙った聞き方をしている為に間違った判断をしてしまいますね。
この聞き方はメッキをかけた音の方が良く聞こえる感覚と似ています。「SACDの方が何kHzから上が良く出ている」と判断するようで「頭のイメージで聴いている」
ともいえます。
私が「AirMacの方がいいよね」と言うのが腑に落ちないようでした。これがまさにプロケーブルさんのおっしゃる「木を見て森を見ず」と言う状態でしょう。
私は一番の違いはボーカルの存在感(音の濃さ)で感じますが、友人は「SACDの方が背景の音がよく聴こえた」と言ってるので間違いないと思います。
まあ、友人は納得されませんでしたが私のPCも古いので仕方がないと感じました。
自分もそうでしたが初めのうちはこような落とし穴に陥りやすいです。何度も聴き比べる(耳を正常に戻してくる)と自然と分かってきます。
自分も一度経験しているので、今回の件で多くの人がどんな頭で音楽(正確には音)を聴いているのかよく分かりました。

でも、友人は「小音量であんな綺麗な音が出るのは凄い」と、EVとD-45の凄さを語ってました。ま、当然ですね。

○○

プロケーブル注:)これが最新のマックのノートパソコンや最新のフラッシュメモリーものの
iPodだったりすると、耳(頭)のエージング以前の問題で、誰が聞いても(それがゾンビでも)
「大幅な差で」決着が付くのだろうと想像しています。

--------------------------------------------------------

5番さんのコメント: EV TOUR-X(TX1152)と、結界音響(結界スタンド)の威力!

プロケーブル様

東京都大田区の○○です。

EV Tour-Xでの結界スタンドによるセットアップ完了しました。 まだ微調整はこれから
ですが、既に驚異的な音響に驚愕しています。 部屋のどこにいても同じように聞こえて
きます。 本当に驚異的ですね。
 タンノイなど全く歯が立たないという印象です。 売却
を決めました。
アンプのボリュームもこれまでよりも4目盛り以上少ない状態で十分な音量が得られて
います。 100dBの威力にひたすら感服しております。 これから徐々に追いつめてゆきた
いと思いますのでこれからもよろしくお願い致します。



--------------------------------------------------------

6番さんのコメント: TOUR X(TX1152)は、FORCE i と比べても、クロスオーバーには完璧なスピーカーだった!

Subject: 完璧と言っていいスピーカー



お久しぶりです。高知の○○です。

【TOUR X(TX1152)がセッティング終了しまして数日経過しましたので感想を…】

TOUR X(TX1152)がFORCE iよりクロスオーバーに向いていると言う事が実際にやってみてよくわかりました。
作業はFORCE iよりも簡単ではんだいらずなので楽でした。なにより音が素晴らしいです。
FORCE iでは中低域にピーク?らしきものがあるのかCDを選ぶケースがありましたがTOUR X(TX1152)にはそれがありません。超フラットです。あと焦点から1クリックくらいずれていても結構聴けます。懐が深いというか守備範囲が広いというか^^つまりは完璧なスピーカーと言えます。

これでFORCE iをリヤにまわし、埃かぶっているS3100を処分できますw


【高知のオーディオショップ】

高知には現在オーディオ店が1件しかありません。かなり大型の店ではあります。時々自分の耳を確認するために足を運ぶのです。そしてショップの音のレベルの低さを確認しますw
他のお客さんがハイエンドオーディオを聴いていていい音だな〜と言っていました。自分には音はスピーカーに張り付いているし、機械が演奏の真似事をしているようにしか聞こえないし、なによりメッキの音ひでーと思いました^^(口には出しませんでしたがw)あんな音が最高峰だと洗脳されるのは不幸ですね><店の入り口でなっていたミニコンポのほうがよっぽど聴きやすかったです。


【MacBook Pro】

去年の夏頃導入。HDD仕様の13インチですがメモリは8GBにしてます。凄く自然な音ですね。MacBook Proを100点とすると自作PC+AirMac Expressは87点。2009年型iPod touchは89点くらいでしょうか…自作PCで音楽を聞くことは亡くなりましたw


【WATTGATE電源ケーブル】

何本か導入していますがクロスオーバーが一番変化しました。マリンコよりも透明になります。クロスオーバーには必須かと。

長文失礼しました。今後とも宜しくお願いします。





プロケーブル注:)TOUR X(TX1152)が、FORCE i より優れているというのは、クロスオーバー
をする時の事と限定します。

確かにTOUR X(TX1152)は一回り大きいだけ、少々の余裕はあるのでしょうが、FORCE iの実力
もクロスオーバーさえしなければ相当であり、TOUR X(TX1152)のほうが勝っていたとしても、
ごくわずか、若干だと思われるのです。それがクロスオーバーにした途端、TOUR X(TX1152)は、
その持てる力を全開して、「鬼」と化すのです。

なお、このかたの送っていただいたメールの一部分は、太字になっておりましたので、その部分は
太字で再現しております(色は当店で付けております)。




--------------------------------------------------------

7番さんのコメント: プロケーブル大阪店の音は、愕然とする程凄かった!


仕事の都合で2ケ月程大阪に行っていたので1月の中旬頃に大阪店に行って試聴室で
聞かせて頂きました。
予想はしていましたが、凄い音ですね。 まさにウデの良いPAエンジニアがセッ
ティングしたライブそのものですね

その為のスピーカなので当り前といえばそれまでなのですが、あまりの情報量に愕然
としました

大阪の仕事が急な話で、充分な準備出来なかった為、家に大量のCDがある70年代
前半録音の歌謡曲を聴けなかったのが残念で仕方ありません
家のSPオンキョーD77FXは2000HZ以上をアルミ製ショートホーンツイー
タ、エッジが布で20年を経過しても柔軟さを確保している等598クラスではかな
りの『当たり』製品なのですが、あまりの実力差に唖然としました。
当時知っていれば絶対これTX1152(TOUR-X)を買っていました
中低域の情報量が10倍違います、聞き慣れた荒井由美の「優しさにつつまれたな
ら」が別の曲に聞こえました

まさに各楽器、特にドラムスが「見えます」
我が家のスピーカが小形スピーカの音の延長線上のものであるようにさえ感じました
(それでも小形スピーカとは歴然としたスケール感の違い、音に包まれる感じにはと
ても満足していました)
試聴後は「小さな日本家屋でこの音を鳴らすのはいかがなものか?」、「他の部屋に
も響き渡って、ボリュームを上げられないのでは?」、と戸惑いさえ感じました。

ところが2月になって家に帰りステレオを鳴らしたところ、今までであれば久々に聞
く我が家の装置の音の良さに感動さえ覚えていたのに、僅か10分余りの試聴後(そ
れも2週間以上前)私の耳はレベルアップしてしまっており大いにもの足りなさを感
じてしまうのです、これは予想外でした

今では、いつか予算が出来ればぜひ導入したいと思っています。



プロケーブル注:)大阪店の試聴室のスピーカーは、まさにこのページの、EV(エレ
クトロボイス)の、TOUR X(TX1152)です。


--------------------------------------------------------

8番さんのコメント: 最初から美音が聴けたTOUR X(TX1152)!

プロケーブル様

お世話になっております。

エレクトロボイス受け取りました。いやーかっこいいです。
早速、設置致しまして音だししております。
配達に追加料金も発生せず、一人で設置できてしまう
15インチ、ドライバー付きのスピーカーとは、本当に凄い事です。


先に ほとんどの要所を御社のものにして、脅威的なレベルでしたので、
床から50cm程あげて音だしと軽くセッティングをしました。

出てくる音は、5分程で安定し、つながりもよくとてもいいです。
まだまだ、これからですが、、LP再生の音質は、往年のパトリシアンに似ている感じで
最初からゆったり 美音が聴けますね。

いつも本当に良いものをありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

◯◯ ◯◯


--------------------------------------------------------

8番さん 再登場!

プロケーブル様

いつもたいへんお世話になっております。

本日は、昨日届きました EV TOUR-X(TX1152)のセッティング
でホーンドライバーを横向きに付け替えたりして音だしをしており
ました。
ホーンを横にすると左右の音のつながりがとてもスムーズになり、
グンと良くなりました。


海底2万マイル いや 4万マイルだったわたしですので、
(実際、ノーチラスにも乗ってました、、し、。)
地上5mでも別世界です。EV TOUR-X(TX1152)と D45 の音楽の
描かれ方には、身体が慣れるのにかなり時間がかかりそうです。
音楽を聞きながら作業していたのですが、本当に素晴しい表現力で
音楽に引き込まれます。


やはり、潜水装備で地上を歩くのは、重過ぎです。i-Phoneから直結
してみました。。。。。。。
当たり前の事だったでしょうが、プリアンプは、、ボロでした。。。
潜水装備は、これですべて無くなりました。。
近いうちにアレン&ヒースをお願いしようと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

◯◯ ◯◯



--------------------------------------------------------

9番さんのコメント: 今までに味わったことのない生々しい音


プロケーブル様 / ◯◯

8/19にエレクトロボイスTOUR X(TX1152) 届きました。
完全ではないものの、結界を張り音出ししてみたところ、今までに味わったことのない生々しい音が
出ているではないか
、ずいぶんEV導入に迷っていましたが、JBL等の比較のコメントをプロケーブル
から頂き導入に踏み切れたことを感謝しています。

KEFのQ900も繊細で良いスピーカーだと思っていましたが、EV-TOUR X(TX1152)の音を聞いてしまうと、
もう戻れません。
 しかも音の焦点合わせしていません、KEFの時のケーブルの長さのままです。
値段はと言うと、2台で12万を切る安さです。 今は余分な出費に後悔しています。
これで、CDデッキ以外全てプロケーブルで購入し大正解でした。感謝、感謝です。

最近購入した話題のCDで、佐渡さんが初のベルリンフィルを振ったショスタコーヴィッチの交響曲5番
革命ライブを視聴しました。 金管、木管、弦楽、打楽器セクションも申し分なく鳴りきっていました。
と言うよりライブに近い感覚で、佐渡さんの迫真のタクトがまぶたに浮かんできます。
それだけ、濃い情報が部屋じゅうに充満しているかの様です。音楽とライブの素晴らしさを感じることが
やっと出来ました。 正に信じてよかったプロケーブルです。


余談ですが、EVスピーカーがスタンドにのっかっている姿が、スターウォーズに出てくるR2−D2の
ロボットに何だか似ていると息子が言って、見返すとやっぱり似ています。子供の感性は凄いですね。
部屋のオブゼとしても結構いけてます。 子供と一緒に音楽を楽しんでいます。

又、何か気になることがあった時には、気軽に相談に乗って下さい。


--------------------------------------------------------

10番さんのコメント: カルチャーショックを起こすTOUR X(TX1152)とスピーカースタンドの組み合わせ!!

プロケーブル 御中

兵庫県の○○です。
先般は、EV TOUR X(TX1152)、スピーカースタンド、ソルボセイン等
有難うございました。
まず、TOUR X(TX1152)を結界スタンドの配置通りに位置、高さを合
わせて設置いたしました。(但し、部屋の構造の関係でポンと置いただけ
ですが)

一通りの作業を終えていよいよ音出しということで音楽を聴いてみました。 
TOUR X(TX1152)から出てきた音を聴いて・・・・・!!
えらいことです・・・  大変な事が起こりました。
これはまさにカルチャーショックです。


D−45のボリュームは今までの8クリックから4クリックに下がりました。
ボリュームを下げても音痩せもなく、細かい音まで聴かせてくれます。
ベルデン8460も1970mmから1965mmに再調整しました。
遠近感、臨場感があり部屋全体を包み込む様な広がりを出してくれました。
音の解像度や情報量も満足のいくものです。
まさにミニコンサートホールです。
「フラットになりますと、とたんに生き生きと音楽が目前で鳴り出します。
『音の輪郭をカチッと形づくる成分』音のリアル度、生々しさなどに
係わっている要素・・・・・倍音成分と考えていいかと思います。(プロケーブル引用)」

TOUR X(TX1152)は残響音や微音の楽器の音が明瞭に聴こえるようにな
りました。
左右のスピーカーから出てくる音のバランスが絶妙で音楽の流れがスムーズで
スローテンポに感じるためリラックスして疲れることなく音楽を楽しめます。
ピアノのペダルを踏む音やギターの弦を指ですべらす音が聴こえ、
ピアノ、バイオリン、ギター、サックスなどなどとてもリアルです。

まさに目の前で演奏しているかのようです。

今まで問題になっていた低音にはキレがあり、締まりのある心地よい音です。
ボーカルは声のバイブレーションや口中音(し、す、ち、つ)が明確に聴こえ、
声に曇りもベールもなくクリアーで歌詞も聞きやすくなりました。 生歌です。
今までは、これ本人の声か・・・?? と疑うくらいでした。
あらためてTOUR X(TX1152)のすごさを体感いたしました。

SPスタンドは、一般に売られているものはどれもこれも一脚タイプです。
これだと、どんなに良い素材を使ったスタンドでも振動は必ず伝わります。
このスタンドは独立四脚。 ということはスピーカーの重量を4箇所に分散し、
振動も分散されて床には伝わらない。
しかも、音がスピーカーの周りにへばりつかないで放射される。
「スピーカーの下部を横切るものは、何も存在してはなりません。(プロケーブル引用)」
角度も高さも自由自在に調整できます。こんなスタンドあったでしょうか?
しかも、とどめにソルボセインで全ての振動を吸収するため、床への振動は
皆無となりました。
コンサートを聴きに行って、音楽を身体で体感する。 そんな感じです。
これは画期的な発明といえます。
懸念していた荷重も振動も一挙に解決しました。

「床に低音を食われている。 ソルボセインによる実に顕著な効果としては
ソルボセインで振動をカットすると、低域がハッキリとダイナミックに
「スピーカーそのもの」から出てくるという現象を起こします。
低音がしっかりすることによって、全域がクリアーで透明になり、さらに
生音に近づけます。(プロケーブル引用)」

昼は少々ボリュームを上げ、夜はボリュームを下げ音楽を楽しんでいこうと
思います。理想のオーディオルーム(マイホール)の実現に感謝いたします。
アドバイス頂いたスタッフさんに感謝いたします。
本当に有難うございました。
また次のステップではよろしくお願いいたします。




--------------------------------------------------------

11番さんのコメント: ○○○○○i9とTOUR X(TX1152)の決定的な違い!


プロケーブル様

TOUR-X(TX1152)届きました。
すばらしい音で夜遅くまで聞き入っていました。

スピコン到着後仮置で音出し動作確認後にホーンの向きを変えまし
たがホーンがなかなか外れませんでした。しっかり造ってあります。

設置は以前相談させて頂きながら描いた図面の場所、和室6畳の長手
方向に設置しました。
スタンドは予算の都合でまだ購入していませんので、畳の上に欅の
板を敷き、TOUR-X(TX1152)の下にソルボセインを敷き、前面が
少し上がるように板をかましただけです。
結界は天井のベニヤ板の簡易結界と、TOUR-X(TX1152)のサイド
と背面の2点だけで結界をつくりました。2点は、部屋のコーナー
と和室の3番さんの4点目の結界を参考にして壁から90cm内側に板
を立てました。

ケーブルの焦点合わせは○○○○○i9で使っていたTIVF約100mを使用し、
高音がきついのでXone:02のイコライザーで高音を絞って仮調整し
ています。

仮置で音を出した時には低音がかなりこもっていましたが、
簡易+2点結界で普通に生音になりました。
(大阪店の)試聴室の標高8000mのすごい音を聞いていなければ、充分満足出来
る音です。

聞きながら部屋の整理をしている時に、楽器のソロが始まり、思
わぬ場所から音が飛び出して一瞬びっくりして振り向いてしまい
ました。

○○○○○i9との違いは、試聴室では帰りの時間で記憶が薄れていた
ようですが、自分の部屋で聞くとはっきり分ります。

違いと言うより別物で、土俵が違うのが良く分りました。

これからいろいろな音楽を聞くのが楽しみです。
スタンドやクロスオーバー化もゆっくり取り組みます。
すばらしい音を楽しめます。ありがとうございました。




プロケーブル注:)このかたのように、TOURX(TX1152)ともなると、全ての情報を出し
てくるため、高域がきつくなることも電源が最高であり、さらには音源も最高であった場合
には、往々にしてあると思いますが、クロスオーバー化していない時は、アレン&ヒースな
どの、優れたミキサー類のイコライザーで適度な音にするのは、大いにありだと思います。
ミキサー類のイコライザーは、非常に優れています。
なお、
○○○○○i9というスピーカーを使ってみえるかたに限って、それが最高であるかのよう
な錯覚に陥っておられるケースが多々見受けられます。
その音響の陳腐な使い古されたものについては、私は熟知しておりますし、単なるボーズ理
論の真似であるため、音響理論と呼べるようなものではありません。このかたも、当初は、
その一人でしたが、大阪店の音を聞いていただいて、事実を知っていただいたものです。




--------------------------------------------------------

12番さんのコメント: TOUR X(TX1152)の真の威力とは!?

○○です。
いつもお世話になります。
凄い結果で、是非お伝えしたくメールしました。

本日、Tour-X(TX1152)が届きドライバーのローテー
ション、スピコンの接続がやっと終わり、音出しして
います。
ドライバーローテーションちょっと大変でした、
ホーンの裏面が両面テープで固定されていまして、
ネジを外しても取り外せなかったので諦めようかと
思いましたが、なんとか外せてホットしました!!

置き方は木製台車(2台をドッキング)の上に厚めの板
レンガ、ソルボセインを置き、その上に取り敢えず
セッティングしてます。台車にしたのは、過去の震災
を教訓に倒れ防止にと考え使用しました。

で肝心の音ですが・・・エライことになりました!!
Tour-X(TX1152)『と・り・は・だ』ものです!!
今まで私は何を聴いていたのか。

○312Eはゴミ、とは言いませんが・・・おもちゃでした。
Tour-X(TX1152)、これぞ等身大の音、想像を遥かに
こえていました!!

民生用に使用していたベルデン8470 16GA(3.895m)、
そのまま接続し、まだ焦点合わせをしていないのですが
出て来る音の次元が違います。なんか怖いくらいの
リアルさと言うか生演奏の感じです。凄過ぎる!!
D-45・Xone:02が激変しました、本当の姿を現した感じです。


『見映え重視の民生用』が身をもってよく理解できました。
プロ・ケーブルさん推薦の機器は『素晴らしい!!』
今後、焦点あわせとセッティングを進めて参ります。
今後もアドヴァイス宜しくお願いします。
それでは失礼致します。


プロケーブル注:)このかたは見栄え重視と遠慮気味に書かれていますが、
もっときつく言いますと「見栄え、だ・け・の、民生用」
でしょう。




--------------------------------------------------------

13番さんのコメント: 
泣いたかたが久々に登場!!

先日は有難うございました。
松本市の○○と申します
スピーカーコードの、焦点合わせも25センチ切ったところでオケーでした。
ミキサーの導入を考えています。
62かS2とおもっています。将来的にはpcオーデオにしたいと思います。
d−45とTOUR X(TX1152)のコンビは素晴らしいです。
特にジャズボーカルはあまりのリアル感に不覚にも涙が出て来てしまいました。
有難うございました。




--------------------------------------------------------

14番さんのコメント: PAスピーカーが鳴らないというネット上の書き込みは大ウソだった!!

こんばんは。

チャンネルデバイダ、D45X2、WE16GA、EV TourX(TX1152)、バイタルケーブル、88760ケーブル、電源ケーブル、等おせわになっております。
○○です(もしウェブに載せていただけるなら伏字でお願いします)
本日チャンデバの使い方を電話でいただいて、「さらに」つめてセッティングしなおしました。

アンプ側のボリュームの使い方が「みそ」と教えていただき感謝し、またしても、「音が激変」したので嬉しくてお礼のメールを入れさせていただきました。
TourXをチャンデバ側だけで操作してもここまで激変するのには無理があったような気がします。
恐るべし「D45」と言った感じです。

肝心の音ですが、よくネットで「PAスピーカーはつまらない」だの「Highが出ない」だの吹聴している輩がいるようですが、


「まったくそんなことありません!!!」

むしろこの生音の感激と言ったら、背筋に鳥肌が立っております!
ほんとに音が見えるんです。

解像度もそんじょそこらの海外製のハイエンドなんか、敵ではありません。
私も初心者ながらここまでくるのにいろんな海外ハイエンドスピーカーを試してみたんですが、そんなのおもちゃでした。

上記にあるような御社の機材をただポン付けだけでも素晴らしい音なのですが、
「チューニング」といいますか。セッティングをしっかりすると音が「化けるのが」すっごいよくわかりました。要するにトータルでセッティングすると本領発揮といいますか・・・・・・・。

約150万で揃えていた(過去形)機材はオークション行き決定です!!!

あんなゴミいりません。

本来ならばWE16GAの長さ調整で音の焦点を合わせればいいかと思っておりましたが、私の場合「foobar2000」をメインで音楽を聴いたり、iPhoneを音源として音楽を聴くので、セッティングが変わってくるので、
やはりチャンデバは必要かと思いました。

今回メールさせていただいたのは、セッティング次第で機材は標高8000mにもなるし、ゴミにもなりかねなく、ギブアップしてしまう人がいるので、もったいないと思いメールさせていただきました。

この鳥肌がおさまらないのでメールさせていただきました。すみません(笑)。

今後も御社の機材で音楽制作を(小生音楽制作&プレーヤーのゴミですが)し、絶対成功しようと「この音を聴いて」励まされました。

ありがとうございました。




--------------------------------------------------------

15番さんのコメント: モニタースピーカーとしてTOUR Xは使えるのか!?

お世話様です。

TX1152確かに受け取りました。


音聞きながらメールしていますが、素晴らしいです。

本当のモニタースピーカーですね。


一生大切に聞かせていただきます。

いい商品紹介頂き有難うございました。


また今後とも宜しくお願い致します。


○○




プロケーブル注:)さすがに驚きましたが
このかたは、モニタースピーカーという言葉で、
TOUR Xを表現
されました。実はそうなんです。民生用のバカ高いモニタースピーカー
よりも、TOUR
Xのほうが、圧倒的にモニターとして優秀なのです。

ですから、スタジオさんも、本格的なモニターを必要とされている、自宅録音のかた
も、これは本物ですから、ぜひともモニターとして、お使い下さい。





--------------------------------------------------------

16番さんのコメント: 音の焦点合わせを知らなければ・・・

○○です TOUR-X他、有難うございました!

プロケーブル様

東京都台東区の○○です

いつもお世話になっております

TOUR-X使用開始より約1ヶ月、とても心地よい日々を送ってます

御社にしてみれば散々聞き飽きた内容でしょうが
自宅で現実に今の音を体験した感動と
それを実現へと導いて下さった御社への感謝の念を抑えきれず
駄文を送らせていただきます



随分前に楽器店で現物を見てて予想はしてましたが
いざ届いたTOUR-Xを見ると確かにデカイ!
箱から出すのも一仕事でした

しかし解かりました。
一般家庭ではなかなか無いボリュームの物というだけで
設置に困るという程の大きさではないですね
フロントグリルを外し、ホーンを90°回転
両面テープで接着してありましたが薄手のマイナスドライバーを使ったら
思いのほか簡単に外せました


それまで使っていた25cmウーファーのSR用スピーカーと入れ替え、
高さ30cm程の台の上にソルボセインをかませ、
TOUR-Xの側面が壁と平行にならない様、内振りに置き
(音響スタンドの設置方法を参考にして・・・)
早速音出し・・・

思わず「おぉ〜!」と声を上げてしまいました
何とも柔らかくふくよかで厚みのある自然な音です
これです!この感じを求めていたのです!



しかし暫く聴いていると、平板な音である事に気づきました
そう、スピーカーケーブルを切り過ぎた時の音です
前のスピーカーは癖はあっても(切り過ぎても高音がキツいまま)、もっと生っぽい音でした
(本来のSR用の使い方の場合には必要なのかもしれませんが)
そこで以前の焦点合わせの際に切ったBELDEN8470を継ぎ足した(18cm程)所、
高音がハッキリし、メリハリのある元気な音が出てきました!


その後2週間ほど経った頃、TOUR-Xが馴染んできたのか高音がキツクなってきたので
4.5cm短くした所で様子を見ています
ウーファーはもちろんですが高音用ドライバーも多少のエージングがあるのでしょうかね?
(自分の耳の慣れも含まれるとは思いますが)

今までの経験上、器材の性能が向上すると音の焦点が近くなっていたので
これは意外でした
(38cmウーファーだとドライブに必要な電流量が増える為とか?)

確かに38cmSR用スピーカーは繊細なようで
まだ焦点・セッティングを合わせきれていない感じです
ですがスピーカー自体に癖が無い為かさほど気にならずに聴いていられます!
ひとまず現状で様子見です

当方、映像鑑賞がメインですが街の雑踏の音、風の音、雨音、鳥のさえずり等の
効果音がとても良く聴こえ、たまに現実の音と区別がつかない時があります(笑)
まだ2chですが思い描いていた理想の音に確実に近づいて来ています
あと、音楽鑑賞の比率が上がりました♪



それにしても改めて音の焦点合わせの重要さを感じました
もし焦点合わせを知らなければ
「SR用スピーカーは高音が出ない」
とか言っている連中の仲間になっていたかも知れません



御社と出会えて約1年、暇さえあれば御社HPで勉強しつつ
ケーブル類、電源タップ、クラウンのアンプ、EVのスピーカーと揃え
やっと基本構成が整ったという感じです
この先、自分のセッティング技術も含め
徐々にグレードアップしていきたいと思います

素晴らしい商品と貴重で大切な情報に本当に感謝します!

これからもよろしくお願いいたします

2013/05/18 ○○




--------------------------------------------------------

16番さん再登場!: TOUR X の力で、肩の力が抜けて、音楽という本来の娯楽を取り戻す事が出来た!

プロケーブル様

○○です

お世話になっております
先日は私のコメントのHPへの掲載、ありがとうございました
実は今朝、意外な事に気づきました
それは、「音質」を全く意識せずに音楽や映像自体に集中している自分がいたことです


先日もお伝えした通り、まだセッティング不完全で
「こういう音の時は変な響き方するなぁ」
「こういう音の時はちょっとこもるなぁ」etc...
と感じる部分があるにもかかわらずです


肩の力が抜けた、という感じでしょうか

若いころにオーディオに興味を持ったことはありますが
今の私が音質向上を意識し始めたのは
3年前の夏に地デジ対策を含めテレビを買い替えた時からです
新しいテレビの音が古いテレビに比べあまりにも薄っぺらでひどい音だった事が
そもそもの始まりでした

それ以来、音質向上には何が必要か、常に頭の片隅に引っかかっていたのが
今ではすっかり薄れてしまってます

確かに200V化や音響スタンド等を導入すれば
間違いなく今よりも素晴らしい音になるでしょう
でもそれらのことに対して

「可能な限り早く導入しなきゃ!」

という焦りの気持ちから

「まぁ、のんびりゆっくり徐々にいけばいいかな」

と思えるようになりました


約3年間、ずっとあったストレスが解消したんです
気分がものすごく軽くなりました!


これは大変な収穫です

成る程、私なんかよりも何百倍も何千倍もストレスを抱え続けてこられた諸先輩方が
ストレスから解放されれば


「救われた」とか「涙がでた」という表現になるのも当然ですね


本来、音楽を聴いたり映像作品を鑑賞したりするのは娯楽です
その娯楽でリラックスするどころかストレスがたまるなんて
なんという本末転倒!


おかげさまで「娯楽」を取り戻せました

あらためて申し上げます
ありがとうございました


2013/05/21 ○○












■スピコンの取り付けかた

1)ケーブルの皮膜を剥く道具を用意する

EV(エレクトロボイス) FORCE i

2)ケーブルの皮膜を剥く

EV(エレクトロボイス) FORCE i

3)このようにする

EV(エレクトロボイス)FORCE i

4)写真の順番通りに並べて

EV(エレクトロボイス)FORCE i

5)ケーブルを差し込む

EV(エレクトロボイス)FORCE i

6)1+と、1-だけを使って、2のほうは空けておく

EV(エレクトロボイス)FORCE i

7)いづれをプラスにしてもいいですが、この場合、白をプラスにしています。

ケーブルを差したら、→部分のネジを締めてケーブルをしっかり止めます。

EV(エレクトロボイス)FORCE i

8)出来上がり

EV(エレクトロボイス)FORCE i

9)プラスチックの突起を上にして、

EV(エレクトロボイス)FORCE i

10)押し込みながら差す

EV(エレクトロボイス)FORCE i

11)右に回転させて、かちっというまで差す

EV(エレクトロボイス)FORCE i

12)出来上がり

EV(エレクトロボイス)FORCE i

以上です。

-----------------------------------------------------------------------------

■スピコンの外しかた

1)金具を手前に引っぱる

EV(エレクトロボイス)FORCE i

2)金具を引っぱったまま左に回す

EV(エレクトロボイス)FORCE i

3)そのまま抜く

EV(エレクトロボイス)FORCE i

以上です。

EV(エレクトロボイス)TOUR X

EV(エレクトロボイス)TOUR Xは、最高峰の音を求めるかた、特にクロスオーバー化されるかたは、TOUR Xをお使いください。

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank