blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- 愚かな愚かな、スピーカーケーブルで作ったRCAケーブル詐欺!-


愚かな愚かな、スピーカーケーブルで作ったRCAケーブル詐欺!


当店プロケーブルが、まずしないといっていいくらいの事をしている、悪質な輩がいますので、ご注意下さい。スピーカーケーブルで(プロケーブルも扱っているWE16GA、ベルデン8460、8470などがそれです)、RCAケーブルを作って売っている輩です。その種の詐欺には、十二分の注意を払って下さい。

又は、スピーカーケーブルの代わりになる銅の単線で作ったRCAケーブルにも、重々注意してください。こちらは、ヤフーオークションで、現実に現在進行形で、行われているとの報告を受けています。

それは一種の詐欺師だからです。

なぜならば、スピーカーケーブル(電線用の銅の単線)とラインケーブルとでは、要求されている特性が全く異なっており、いづれも、もう一方の用途には使えないからです。特にプロ用ケーブルは特性が正しく作られている為、この事は顕著に音に出ます。

スピーカーケーブルはラインケーブルには使えず、ラインケーブルもスピーカーケーブルには使えない、ということなのです。

使ったとしても、まったくおかしな音になるだけです。

ただ、オーディオのシステムのセッティングが決まっていないかた、昔ながらのオーディオを今も続けられているかた、プロ用ケーブルをあまり使わず、プロケーブル社の存在も、今までほとんど知らず、民生用オーディオ機材ばかりのかたは、その音の違いすら分からない事があります。

ですから、その詐欺が成立してしまっているのでしょう。

プロケーブルがその種のものを、一切、販売していないということには、ご注目下さい。それは詐欺だからです。

当店(プロケーブル)を、一つの基準と考えていただいていいかと思います。当店がしている事であれば、OK、当店がしていない事であれば、ダメという考え方でいいです。

それだけ当店は、お客様に対して真摯であろうと努め、用途違いのものを売るなどということは、詐欺師のする事だと考えているからです。

これでも分からないかたは、実験してご覧になるといいと思います。当店でも扱わせていただいているプロ用のラインケーブルの中には、世界一と言えるほどフラットな、88760という、今や多くのかたがご存じの、無敵のプロ用ラインケーブルが存在します。これは、88770と並んで、間違いなく世界一です。

さらには、このケーブルはシールドされているのですから、シールドのドレン線をアースに落として、試しにスピーカーケーブルとして音を出してみて下さい。シールドされた、無敵のスピーカーケーブルとして使えると思われますでしょうか?

それは誤解です。用途違いのものをいくらシールドしても、ダメなものはダメなのです。それと、伝統的にスピーカーケーブルはシールドされていません。電圧で駆動するだけの単純な構造のスピーカーは、ケーブルなどシールドされていなくてもいいのです。電源とは事情が違い、ノイズなど乗ってもいいのです。ですから、シールドされたスピーカーケーブルは、あまり見かけないのです。

とにかく音を聞けば、ダメな事が、一発で分かります。それはそれは、しょぼい音しか出てこないのが実態なのです。ということは、その逆、スピーカーケーブルをラインケーブルとしてRCAプラグを付けたような「まがいもの」も、当然の事ながらダメだということです。

ここまではっきりさせておけば、もう実験の必要も無いでしょう。実験するだけ時間の無駄と考えて下さい。

プロ用ケーブルにおける詐欺的行為は、他にもまだあります。プロ用ケーブルというのは、多岐の用途にわたって存在している為、また、米国製が多い為、軍用のケーブルなども非常に多くあるのです。軍用のケーブルも確かにプロ用ケーブルでしょう。

それをオーディオ用のプロ用ケーブルと偽って売るという、悪質な商売も、詐欺の一つです。

元々は、関東の大手のオーディオ屋(誰もが知っています)がやっていた事でもあります。プロ用ケーブルも、多くの種類を並べておけばおくほど、売り上げが上がった時期が、当時はあったのです。

それを、片っ端から壊していったのは、当店プロケーブルです。当時のオーディオは、次のような時代でした。

「ケーブルによって音が変わります。プロ用ケーブルもそうです。様々な音に変えて、いろいろな音をオーディオで楽しんで下さい。」

まったく馬鹿げています。そういう甘言で、軍用のプロ用ケーブルを、オーディオショップは、売っていたのです。

当店プロケーブルの考え方は、当時から、そして今も、下記の考え方です。

「音は生音に近づけば近づくほど良いに決まっています。生音に近づけるグッヅばかりをプロケーブル社は取り扱っていますので、ぜひとも、びっくりするほどの生音を出してやって下さい。」

今では、プロケーブルが発祥となって広めていった、この思想、または考え方のほうが、むしろオーディオマニアのかたがたには、浸透していることと思います。

ただし、このプロケーブル社の考え方をするやいなや、オーディオショップは、多くの商品を扱えなくなり、プロ用ケーブルも扱えるものが限られてきてしまい、当店プロケーブル社が零細企業なのと同様で、オーディオ界は、もの凄いスピードで、衰退に向かっていく筈なのです。

そう、現在も、オーディオ界は、真っ逆さまに衰退していっている途上なのです。

プロケーブルに対する批判や誹謗中傷が、やたらと多いのは、こういう理由が背後にあります。プロケーブル社が存在すると、詐欺師どもは、非常に困るのです。









(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)



  

スピーカーケーブルで作ったRCAケーブル詐欺! スピーカーケーブルで作ったRCAケーブル詐欺!
design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank