blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- 投稿させていただいてよろしいでしょうか。-


お世話になっております。
兵庫の○○と申します。
お付き合いさせていただいて2年余りになります。
ユーザーの声として、投稿させていただいてよろしいでしょうか。
採用不採用、書き直しはご自由になさってください。

アレン&ヒース・WZ3 14:4:2

この商品のページでいかがでしょうか。
以下のとおりです。

>>>>>

「血の通った音を聞いています」

音楽に人の生命の鼓動を聞いています。
プロケーブルさんのおかげです。

現在わたしが使っておりますセットは次の構成です。

パイオニアのdvdプレーヤー。
RME ファイヤーフェース800。
アレン&ヒースのミキサー WZ3 14:4:2。
ベリンガー CX2310 。
thomann S-150mk2。
crown D-45。
ダウン&アイソレーション 3000W  200V仕様。
ケーブルはすべてプロケーブルさんの取り扱い商品。
スピーカーは中域以上の導電型に加えて、4kHz以上にスーパーツーイータ、
60Hz以下にスーパーウーハーのEV TX1181を配置しています。

ミキサーを外して、代わりにそれなりの価格の真空管のプリアンプを接続してみました。
貧弱なやせ衰えた音しか出てきません。
スーパーウーハーからの低音はほとんど聞こえず,
スーパーツーイータからの高音も微かにしか聞こえません。
パワーアンプのレベルを上げても同じことで、
チャンデバの故障か、ケーブルの接触不良かと原因を探しまわりました。
しまいには、低音も高音も録音されていないソースなのかと疑ったりもしました。
WZ3 14:4:2に戻したところ,低音も高音もちゃんと出るではありませんか。
中域の音も眠りから覚めて、生き生きと鳴り始めました。
音楽に人のぬくもりを感じます。
わたしの乏しい経験にすぎませんが,プリアンプなどというものは存在理由が
無いのではないかと思っています。

プロケーブルさんの商品で、わたしなりの発見をした思いです。
今後とも末永いお付き合いをお願いします。

兵庫県 N.B.  より

<<<<<


以上です。
昨日,大阪店で商品の発注をさせていただきました。
到着を楽しみにしております。
○○様,○○様、スタッフの皆様に感謝しています。
良いお年を。





プロケーブル注:)

今年2013年の年末の当店の営業の最終日に、素晴らしいコメントをいただきました。

この内容通り、アレン&ヒースのコーナーへ掲載を希望されていたのですが、鬼門コーナー
の今年の最後を締めくくるのに、ふさわしい内容のコメントと考えましたので、ここに掲
載させていただきます。

なお、この原文には、限りなく忠実に掲載させていただきました。アレン&ヒースの文字
が大きくしてあるのも、メールでいただきました、原文通りです。

では、

皆様! 来年も良いお年をお迎え下さい!









(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)



  

スピーカーケーブルで作ったRCAケーブル詐欺! スピーカーケーブルで作ったRCAケーブル詐欺!
design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank