blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- プロケーブルが書いていることは、全て真実であった!-


★プロケーブルが書いていることは、全て真実であった!


下記、プロケーブルが、お客様からいただいた、一通のメールです。ぜひともご紹介させていただきたく、プロケーブルの鬼門コーナーの1ページを、あえて、このコメントに、使います。
-----------------------------------------------------------------------------

★プロケーブルにつきまして


兵庫県の○○と申します。 初めてメールさせて頂きます。
プロケーブル様を利用させて頂いて、おそらく3年位でしょうか? 自身の最大の趣味であり、欠かすことの出来ないオーディオが現在は聞くたびに感動する位に物凄い音で鳴っております。 本物のプロの知識(プロケーブル様の知識)や、道具と素人の知識や趣味レベルの道具がとてつもなく差がある事を日々痛感しながら音楽を楽しんでおります。 プロケーブル様を知るまでにオーディオに費やしたお金はどれくらいでしょうか、10万のプリメインから始まり最後は60万の国産プリ、同額の国産パワーアンプ、20万近いCDプレーヤー、ドイツ製30万のスピーカー、ケーブル類には50万位かけてたと思います。 購入のきっかけはオーディオ雑誌によるイメージ戦略、本当は知識の全く無い評論家のコメントに煽られていたのでしょう。 思っている様な音が出ない為、じゃあこれを変えたらと、次に次にと金額を上げて行くのが実情でした。 オーディオマニアはほとんどの方が自分のシステムの能力はすごい、雑誌でも評価は高いし、お金もかかっている、でも今は何かのセッティングが悪くて満足な音が出ないだけなんだと。 解決策を雑誌に、ショップに、知り合いのマニアにと求めていきますが上記の様な堂々巡りに陥るでけです。 本当に良い音を出す答えなどは10年間どこにも有りませんでした。 パソコンを使う様になって2年ほどたち、やっと答えに辿り着きました。

プロケーブル様のホームページです。

 あまりの内容の濃さに夢中で読んだものです。このプロケーブルは本物かも知れないと思い早速8412のアナログケーブルとWEスピーカーケーブルを注文して設置してある極太のケーブルと交換したところ、本物であってほしいと思う期待が現実となりました。 出てきた音は開放的で超クリアー! 高級極太ケーブルによって音がマスキングされていたのです。おまけに緩みっぱなしの音を流行りのメッキで固めていただけなのです。 更に7万する高級ジャンパーケーブル(A◯T)も外して、プロケーブルのサイトに書いてある通り、WEを少し切ってジャンパーケーブルとして使用して過去の無駄使いと自分の愚かさを痛感しました。 無知な自分がどれだけお金をかけても辿り着かない音が、プロケーブル流によって、簡単に飛び出して来たのは言うまでもありません。 順次当時の機材は全て売却して現在は完全なプロケーブル仕様になっております。 当然です、この方が音が良いのですから。いや良いのでは無く次元が違います。 本物のプロ(プロケーブル様)の知識と素人の戯言です。
 また、プロケーブル様が提唱してみえる、「音の焦点」、すごいです!焦点が合った途端に音楽が現物の様に鳴ります。 これを知らずして機材の良し悪しの判断などありえません。 
要領をつかむまで根気のいる作業ですが良い音を求める上で必要な作業ですし、世界でも一握りの人しか体験出来ない領域に入っていけます。 どなたでもこの事実を体験出来るのは当たり前の様で実はすごい事なんです。
プロケーブル様で一つづつ機材を入れ替えていくたびにホームページに書かれている事の重要性を理解して、ここに書いてある事は全て事実であり、プロケーブル様は、商売を超えた部分で良くこれだけ惜しみない知識を公開してくれているなと思い、感謝と共に頭が下がります。

プロケーブルはこの業界で唯一かも知れない本物だと思います。 特にプロケーブル様が販売しておられる電源トランスの凄さときたら、度肝を抜かれるほどに、びっくり仰天するほどすごかったのです。これもまた、プロケーブル様の言う通りであり、様々なお客様がプロケーブル様に送ったコメントに、書いてある通りだったのです。

プロケーブル批判も多く見受けられますが自分事の様に腹も立ちますし、何より哀れですね。 私はプロケーブル様に、本当に感謝しています。 今後共よろしくお願いいたします。




プロケーブル注:)当店プロケーブルは、基本的には、単に、プロ用ケーブルの販売業者に過ぎません。
しかし、プロ用ケーブル業者であるからこそ、分かる事というのは、非常に多いのです。なぜなら、あ
らゆる機材の性能を生かすも殺すも、プロ用ケーブルがあっての事であり、民生用ケーブルでは、高性
能な機材の能力を引き出す事は、到底無理であるからに他なりません。
この事を知り尽くしているのが、当店プロケーブルであり、他店は表面的に当店の真似をしているだけ
ですから、出来るとは思いませんが、当店がプロ用ケーブル専門業者であったがゆえにプロ用ケーブル
のフラットな音を基準にして、ほとんどのハイエンドオーディオの実力を実験してきましたからこそ、
知り尽くせた事です。
それこそが、プロ用ケーブルを専門に扱い始めた当社の経緯でした。そして、その経緯というのは、最
もオーディオについて深く知る事の出来る最短距離であったと、今になって、良く分かるのです。



--------------------------------------------------------
これより先は、「お客様の声」とします。
--------------------------------------------------------


Aさんのコメント:

タイトル:お礼

毎々お世話になっています。
初めてメールを差し上げますが、ネット掲載など、ご自由にお使いください。

------------------------------------------

音楽に浸ることができる毎日が戻ってきました。


2007年にカルロス・クライバーが亡くなってからコンサートに行く機会が減り、音楽自体を聴く回数も時間も減っていました。
ところが、この2〜3年の間に、スクラヴァチェフスキー、フランソワ・グザヴィエ・ロト、パーヴォ・ヤルヴィなど、
期待以上の音楽を聴かせてくれる指揮者に触れ、家でも音楽を聴く日々が戻ってきました。

しかし、たまたまCDプレーヤーの調子が悪くなり、買い換えを検討し、ネットで検索してみました。
すると、「ipodこそ最強のCDプレーヤーである」という記事に出会い、早速、ヘッドフォン(ゼンハイザーHD800)で聴いてみました。
その結果は、・・・・正直、その音の良さに驚きました。
今までオーディオには、1000万以上の費用をかけてきています。
スピーカーはロジャースPM510、クォード、JBL4344、アンプはアキュフェーズ、マークレヴィンソン、真空管アンプ、
CDはスチューダ・ルボックス、SONYDAT等々、様々を買い換えて来ました。

しかし、こうした高級オーディオの蟻地獄に嵌まってしまいますと、
次から次へとその組み合わせ、マッチングが気になり、まともに音楽を聴くというよりも、
このCDでは○○○○のような聴き方、○○○○では○○○○、
○○○○○○○○では○○○○の問題があるので、また別な機器が必要…というように、
神経質な聴き方に陥ってしまいやすいものです。
まさにオタクの世界、蟻地獄に嵌まってしまうことになり、お金も続かなくなり、
適当なところで妥協、そのうちに音楽を聴くことから遠ざかってしまう、ということになりかねません。
しかし、「ipodこそ最強のCDプレーヤーである」というその記事を書いているプロケーブルさんの推奨している機器の組み合わせは、
驚くほど安いものでした。
安すぎました(笑)ので、わたしは半信半疑でした。
そこで、試しに、スピーカーはEVのTOUR X(TX1152)、アンプはthomann S-150mk2、
それに、ALLEN&HEATH(アレン&ヒース)XONE:62 100V~240V仕様、
アイソレーション電源トランス1500W・100V専用仕様、EV TOUR X、
その他、汎用スピーカースタンド他を一セット注文してみました。
これだけ注文しても50万にも達しない金額です。

そして、送られてきた機器をセットし、音出しを試みてみました。
・・・・なんだこれは、なんとすごい、、、、
数百万以上の金額をかけても、これだけ完成度の高い、
まさに音楽を聴くためのマッチングは得られない。

もう今までのように微調整(といいながらも、コンポの一部を変更するだけで簡単に数十万の費用がかかる)はまったく不要、
声楽であれ、室内楽であれ、交響曲であれ、オペラであれ、このセットで十分、

オーディオのことはもう何も考える必要がないというレベルに、
たったの一度のセッティングで、最初から到達してしまいました。
本当に感謝です!
こうなると、自宅のわたしの部屋だけでなく、仕事場、休日に行くリゾートマンション、
すべてに同じようなセットを置きたくなり、すぐに追加注文しました。合計4セットです。
ただし、スピーカーは、設置場所の制約から、やや小型のものと、
16.5センチウーファーの小型スピーカー、BIC DV62siに変更しています。
プロケーブルさんの商品紹介のところにも、 小型スピーカー、BIC DV62siについて書かれていますが、
わたしが聴いた感じでは、わたしはコンサートにしばしば足を運んでいますので、
どうしたもコンサートホールで聴く生の音が基準になります。

そうした私の耳からの印象では、エレクトロボイスの音は、指揮者の真後ろ、
コンサートホールS席の一番前で聴く感じで、

16.5センチウーファーの小型スピーカー、BIC DV62siで聴く音楽は、
S席のちょうどいい感じの前から15〜16番目、またはNHKホールでしたら、
2階のS席の前の方で聴く感じです。

こういうわけで、自宅でもリゾートマンションでも、好きな音楽に浸れる毎日が戻ってきました。
プロケーブルさんには本当に感謝しています。
また、一人でも多くの音楽ファン、オーディオファンに知らせてあげたい気持ちです。
一言、お礼が申し上げたく、メールした次第です。本当にありがとうございます。



プロケーブル注:)皆さんも、いつもそうなのですが、本当に素晴らしい文章を送っていただいて、
こちらこそ、誠にありがとうございます。こういう文章こそが、オーディオでもがき苦しむ人達を
救い出す力になるものと信じております。









(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)



 

  

プロケーブルが書いていることは、全て真実であった!

プロケーブルが書いていることは、全て真実であった!

design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank